ミルク作りのポイント|赤ちゃんに欠かせないベビーベッドは安い物が増えている

赤ちゃんに欠かせないベビーベッドは安い物が増えている

ミルク作りのポイント

グラス

ミルク作りにおすすめは

赤ちゃんのミルク作りにはどんな水を使ったら良いのか悩む方もいらっしゃるのではないでしょうか。赤ちゃんの腎臓や胃腸はまだ未熟なため、大人なら大丈夫なものでも負担になってしまうことがあります。水道水をそのまま与えてしまうと、塩素やカルキなどが含まれており、胃腸に負担をかけてしまいます。また、ミネラルウォーターの中でも硬水はミネラル分を多く含んでいるため、胃腸で吸収することができず、下痢を起こしてしまう可能性があるため、与えてはいけません。おすすめなのは、軟水またはピュアウォーターと呼ばれる不純物を取り除いた純水です。水道水もそのままではなく、一旦湧かしてから冷ました湯冷ましを使うのがおすすめです。

ミルクを早く作る方法

赤ちゃんのミルクは、70度のお湯で最初に溶かしましょう。これは、ミルクに含まれているエンテロバクターサカザキという菌を殺菌しなければならないためです。冷たい水や温度が低いと殺菌ができないため、70度という温度が必要になります。熱湯の場合は、ミルクに含まれる成分や栄養素が壊れてしまう恐れがあるため、70度のお湯で最初は溶かすようにします。その後、40度くらいまで冷ましてから赤ちゃんにあげるようにします。しかし、ミルク作りに時間がかかってしまうとお母さんも焦ってしまうので、最初70度の少な目のお湯でミルクを溶き、そこに湯冷ましを加えて適量にすると、素早くミルクを作ることができます。水とお湯が両方使えるウォーターサーバーを利用するのも便利です。

Copyright © 2017 赤ちゃんに欠かせないベビーベッドは安い物が増えている All Rights Reserved.